== スポンサー広告 ==

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
┗ --:--:-- ━ Page top ━…‥・

== 未分類 ==

La Mode Illustreeでお勉強ドレス

La Mode Illustreeのドール用パターンを譲って頂いたことがきっかけで
パターンのお勉強中。
image (400x300)
La Mode Illustreeはビスクドールの時代のファッション史料。
今回ご縁があったのはこんなイラストのドレスの型紙。
右も左もわからないので、まずは型紙通りにコットンで立体に起こしてみました。
image2 (300x400)
こんな感じです。
IMG_2025 (267x400)
ウエストサイズからFB-14ボディに着せてみていますが、
肩はなで肩だし、袖はピチピチ、コルセットはフィットせず・・
無理やり着せてる感MAXです。
IMG_2026 (267x400)
とはいえそれなりに可愛くて、ふむふむ・・という感じ。

このテイストで、このボディにフィットするように
パターンを修正していきます。

一番気になるコルセットの肩ひもから。
IMG_2032 (400x267)
こんな感じに沿ってほしい・・と、あちこちピン打ち。

型紙を写したものに折った分量と位置を書き込んで
IMG_2034 (400x267)
実際に切り抜いて
ボディに当てて、ラインを微調整。

という要領で、ブラウスのボディスも袖も、襟の形も・・・
気になる箇所をいろいろ修正。

修正完了した型紙をもう一度ボディに当てて確認。
型紙同士もつながりが不自然な所はないか、確認。

西洋人形のサイズって多種多様だから、
洋書の型紙本は、解説を読む限り、どうやら
こうやって近いサイズ感のもの探して修正して使うもののようですね。

汎用性重視っぽくて緻密ではない印象です。

そういえば昔、レッスンで
「何ミリの所を何ミリピッチで縫うのが正しいですか?」
みたいな質問をしたことがあって
古関先生に
「アメリカじゃ絶対出ない質問ね!」って大笑いされたのを思い出しました。

自分のお人形のサイズと、
自分の作りたいスタイル。
その間にヒントのように型紙があって、
あとは自分ですり合わせて行く・・

そういう事みたいです。


そんなこんなで修正版の型紙完成。

地味地味作業でしたが、学びがいっぱい。


次はいよいよシルクで制作に入ります(*'-^*)ゞ





ランキング参加中^^

にほんブログ村 ハンドメイドブログ 手作り人形へ
にほんブログ村

私のフェイスブックはこちら
↓フィード購読大歓迎です
https://www.facebook.com/okabebe
スポンサーサイト
┗ Comment:0 ━ 11:03:39 ━ Page top ━…‥・

== Comment ==






        
 
Prev « ┃ Top ┃ » Next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。